パワーストーン基礎知識

魔女のパワーストーンブレスを身に着けるにあたり、魔女MIMI流、パワーストーンの力を最大限に引き出すための基礎知識を伝授いたします。

 

パワーストーン基礎知識その1

石の力は無限ではない


パワーストーンをすでにお持ちの方で、ずっとつけっぱなしという方、多いのではないでしょうか。

実はこれはNG。

せっかく手にしたパワーストーンに最大限の力を発揮してもらうため、持ち主が最初に知っておくべきことは

パワーストーンも疲れる

ということです。

パワーストーンはその石自体が持つ力により、身の回りの邪気やネガティブパワーをはじめとした様々なものから持ち主を守ってくれます。

それとともに持ち主の潜在的なエネルギーを高める手助けをしてくれるのですが、その為には石自体もエネルギーを消費します。

「大勢の人が集まる場所へ行ったら疲れてしまった」

「人ごみの中で人酔いしてしまった」

そういった経験は多くの方にありますよね。

これは「人の気にあてられる」などとよく言われますが、実はパワーストーンも同じ。

持ち主がさらされている邪気を払ったり、危険な出来事から持ち主を守ったり、はたまた持ち主自身が放つ強いネガティブエネルギーを吸い取るなどすることで、石は多くのエネルギーを消費します。

すると、石の輝きは曇り、本来持つエネルギーを発揮できなくなってしまうのです。

どの程度の周期でエネルギーを消費してしまうかは全くもって個人差の部分のため絶対的な定義はありませんが、できれば日常的に休息を与え

浄化

の時間を作ることが理想です。

 

魔女MIMIおすすめの浄化方法

 

パワーストーンを浄化する方法としては、月の光にあてる、水にさらす、太陽光にあてる…など様々な方法がありますが、MIMIがおすすめしているのは

水晶のさざれ石

を使った日常的な浄化。

水晶はパワーストーンの中でも「浄化」の作用が強い石であり、その中でも粒の小さなさざれ石水晶は比較的手ごろな価格で手に入ります。

器の上に敷き詰めたさざれ石の上にブレスレットを置いておくだけでブレスレットの浄化ができるので手間もかからず、リビングや玄関、洗面所などお好きな場所で、アクセサリー置き場感覚の手間いらずな浄化が可能です。

もちろんピアスや指輪など、手持ちのアクセサリーの浄化もできて一石二鳥。

浄化のタイミングとしては、帰宅時や入浴など、アクセサリーを外すタイミングで外して浄化。一晩休ませてまた外出時に身に着けるようにすれば、持ち主が活動的に行動する時間帯、パワーストーンもまた元気な状態であると言えますね。

そのため、今現在お手元にパワーストーンをお持ちの方も、これからご購入される方も、パワーストーンの浄化セットは必ずご自宅に置かれることをおすすめいたします。

 

より強い浄化を必要とする場合

 

魔女の館MIMIで取り扱っている浄化セットには、陶器の器・さざれ石と一緒に強い浄化作用を持つホワイトセージの葉をセットでお付けしています。

持ち主本人もひどく疲れるような出来事があったり、浄化セットに乗せておいても石の輝きが弱い気がする(この点はご本人の感覚を信じて頂ければ問題ありません)といった場合には、セージの葉を焚いた煙にブレスレットをくぐらせると、日常的な浄化よりもより強い浄化になります。


セージのご使用方法


ご自宅で不要な小皿を用意して頂き、ライターなどでセージの葉に一度火をつけてから消す(お線香と同じ要領)と、燃焼している一定時間セージから煙が上がりますので、その煙にブレスレットをぐぐらせるようにして浴びせてあげれば浄化は完了です。

セージの残り火は一定時間燃えると自然に消えるので、無理に消す必要はありません。

燃え残ったセージは再度火をつければまた使えますし、ブレスレットだけでなく持ち主本人が「何か良くないものにあてられた」と感じた時や、気になるお部屋の浄化をしたい場合などにも、お香を焚く感覚でお使いいただけます。

↑画像をタップすると商品ページへ移動します

 

パワーストーン基礎知識その2

寿命かも…石の輝きが戻らない


パワーストーンにも寿命があるという事をご存知でしょうか?

パワーストーンは高額なものも多く、ブレスレットに至っては「有名な占い師さんに特注で作ってもらった一生モノ」という感覚で何10万のブレスレットを長期間使い続けている方も少なくありません。

しかし、実のところパワーストーンは「一生モノ」ではありません。

人間と同じように疲れもすれば寿命もあります。

上記で述べている通り、石には使えるエネルギーに限りがあります。そしてそれがどの程度、どのように消耗されるかは完全に持ち主の方の個人差。

持ち主が日常的に強い邪気にさらされていたり、本人から出るネガティブエネルギーが強すぎたり、身の回りに「あまりよくないもの」を連れている方の場合などには、買ったばかりのパワーストーンブレスが数週間ですでに寿命…というパターンも実際にありました。

ブレスレットが弾けたように突然バーーン!!と切れてしまう場合などもこれにあたり、石の状態によっては結びなおして修理できる場合もありますが、石が持ち主を守るために力を使い果たしてしまった場合には、買ってからの年月にかかわらずその時点で寿命…となります。

石の寿命の見分け方は、目安として「魅力的な輝きを失っている事」です。しっかりとエネルギーを持った「生きている状態の石」は深い色味にきらきらとした輝きがあります。それに比べて輝きを失った石は曇ったように淀んで輝きを失っています。

この辺りはある程度見比べていないと判断が難しいところでもありますので、ご来店が可能な方はぜひ一度MIMIにご相談頂けたらと思います。

水晶を使った浄化でも、セージを用いた浄化を行っても石の輝きが戻らない場合には、石の寿命と考えた方が良いでしょう。

 

開運ブレス選びのコツへ